文字の大きさ

小豆島の観光ならお任せ!情報たっぷり小豆島観光情報

わくわく小豆島

2017.05.31

キッチンUCHINKU(うちんく)

小豆島の新鮮な食材をふんだんに使った、こだわりの創作カフェレストラン

グルメ

住所:香川県小豆郡小豆島町安田甲 235−6[map
電話番号:0879-62-8116
営業時間:11:30~15:30(LUNCH 14:00)、18:00~22:00
定休日:火曜日(不定休)

キッチンUCHINKU(うちんく)

隠れ家的存在で、路地を入ったところにあるお店。
小豆島の道は、路地に入ると極端に狭くなるところがあるので、ドキドキしながらお店を探すことに。
お店の近くの道路を走っていると、カフェの看板を発見!
ふぅ~、迷わずに着いてよかった。
ほっと一安心。

キッチンUCHINKU(うちんく)

看板の通りに進んでいくと、ひっそりと看板が。
そして、少し進むと・・・
左手におしゃれなカフェを発見!
元々はそうめん工場だったとは思えない、おしゃれな雰囲気。
料理にも期待大です!

キッチンUCHINKU(うちんく)

取材の当日は火曜日で定休日だったところを、ご厚意でお店を開けていただきました。
「UCHINKUのハンバーグ」
さあ、食べようかなぁ~と思って、スプーンを入れると・・・
なんと、半熟卵が!
卵好きにはたまりません。思わず写真をパシャリ。

キッチンUCHINKU(うちんく)

ただ単におしゃれなランチではないですよ!
地元の契約農家さんから仕入れた、朝にとれたばかりの新鮮な野菜をふんだんに使っています^^
お米もお魚なども、オーナーが良いと思ったものしか仕入れないこだわり。
仕入れた小豆島の素材の良さを最大限に生かす。
「どうやったらお客様に美味しく食べてもらえるか」を常に考えて作っているそうです。
あぁ、普段の私の作っているご飯、忙しさのあまり、こんな基本的なことすら忘れてたなぁ・・・と反省です(笑)
一口食べると、ついつい取材を忘れて食べることに夢中になってしまいました。
小豆島の食材、侮れませんね!
今度はぜひ、プライベートで家族と来ます!
シェフ、最高です。ごちそうさまでした。
オーナーシェフの西本真さんは京都出身。
ホテルやオーガニックカフェなどで料理長や店長として経験を積んで、以前からの夢だった自分の店を持つことを小豆島で実現。
京都では季節に関係なくどんなものでも揃うという便利さがありましたが、小豆島ではなんでも揃うわけではありません。

キッチンUCHINKU(うちんく)

でもこれが本来の姿で、四季の旬の素材の食べ方をお客様に提案したい。
ずっと小豆島でお店をしたいと思っていたそうで、「地元の人たちにも来てほしい」という想いがあふれています^^
お店の名前は
キッチンUCHINKU(うちんく)
うちんくというのは、香川の方言で「自分の家」という意味です。
“我が家にいるようにゆっくりくつろいでもらいたい”という想いから名付けたそうです。
席数もそんなに多くなくて、ほんとうにくつろげます。
席数が多くないのは、オーナーの料理のクオリティを維持するため。
お話を聞けば聞くほど、お客様への想いやこだわりに感動です。
皆さん、是非、小豆島の旬の素材を味わいに来ませんか?
キッチンUCHINKU HP:https://www.facebook.com/uchinku.shodosima/

おすすめメニュー一部

LUNCH
・季節のパスタ
・UCHINKUのハンバーグ
・自家製パン
・ガトーショコラ
・ベイクドチーズケーキ
・oyatsu.のシフォンケーキ(きび糖プレーン)

女性・子供連れの家族などへのオススメポイント

・小豆島の新名物「醬トマト」が食べられるカフェはここだけ!
 ※醬トマトの記事はこちら
・新鮮な小豆島の素材を使っているのでお子様にも安心。

 

 

 

 

 

 

小豆島へのアクセス

兵庫からアクセス


>>詳細はこちら

岡山からアクセス


>>詳細はこちら

大阪からアクセス


>>詳細はこちら

小豆島の観光ならお任せ!情報たっぷり小豆島観光情報

わくわく小豆島