文字の大きさ

小豆島の観光ならお任せ!情報たっぷり小豆島観光情報

わくわく小豆島

2017.03.14

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

小豆島で一番高い場所、星ヶ城の東峰を目指します

スポーツ

住所:香川県小豆郡小豆島町神懸通乙327-1[map
設備:トイレ(寒霞渓ロープウェイにあります)
駐車場:無料

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

寒霞渓ロープウェイの山頂駐車場に車を置いて、ロープウェイとは反対方向へ。
三笠山への入り口があります。

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

ロープウェイは人でごった返していましたが、こちらはあまり人がおらず、静かで癒されます。
入口からまっすぐ一本道で小豆島で一番高い場所、星ヶ城の東峰を目指します。標高は816m。寒霞渓の山頂駅で標高612mです。
さて、どんな景色が見えるでしょうか?
時期は11月の紅葉シーズン。
山頂付近は見頃が早く終わるのですが、鮮やかな木々もちらほらあり、目を楽しませてくれます。

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

山頂を目指すので、登りばかりです。
なだらかな傾斜なものの、いつまでもゴールが見えない…息があがります。少し肌寒かったですが、身体があたたまって気持ちがいいです!

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

20分くらい歩いたところで、開けた場所に。三笠山の山頂です。ベンチがあり休めます。無理をせずに安全に進みましょう。
ちなみに標高は672m。まだまだ…。

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

星ヶ城山頂まで1.7km。

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

そう言えば、人を見かけません。
登り口付近ではそれなりに見かけたのですが、なかなか距離があるので引き返す方が多いようです。
不安になりそうなものですが、不思議と心が安らぎます。

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

いつの間にか平坦な道になっています。20分程歩き続けると星ヶ城神社が見えました。
荘厳な雰囲気。

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

現在地を見ると、そろそろ西峰に辿り着きそうです。

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

歩くと西峰阿豆枳島神社が。小豆島の平和と繁栄を祈願し、奉祀されています。

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

その正面には岩が迫り出し、絶景が望めます。
来た方向をふと見ると、はるか下にロープウェイが見えます。そんなに高いところまで来てたのか…!

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

キラキラと白く鏡のように輝く瀬戸内海。
秋口で厚くなった雲には陰影が現れ、山々の影と共にコントラストを生んでいます。
人工物があまり見えないこと、そしてこの時は周りに人が居なかったので、過去、あるいは神話の世界に迷い込んだような、そんな錯覚に一瞬陥りました。

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

とても心地いい。天気もいいし、ずっとここで居たいなあ。
そんな気持ちになりましたが…まだ一番高い所に行っていない…名残惜しいですが…先に進みます。

10分ほどで、東峰阿豆枳島神社がありました。西峰阿豆枳島神社と共に、小豆島の平和と繁栄を祈願し、奉祀されています。とても綺麗に手入れされています。

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

その先には、現れました。山頂です。一番高い場所。
そして、不思議な光景が…
大量の石と大きな石塔。まるで異国のようです

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

南北朝時代にこの場所に城が築かれていた、と言われています。
確かに、星ヶ城にたどり着くまでには、敵を食い止めるための外空壕や、雨水を貯水できる人口井戸や建物があったと推測される場所などがありました。
ここからは海、そして島の東側が広く見渡せます。

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

こんな場所に…という感じですが、きっととても重要な場所だったのでしょう。

三笠山から星ヶ城間で、片道1時間半程度かかりました。帰りは下りなので、行きほど時間はかかりませんが、往復には時間を要します。
また、冬が近づくと日の入りが早くなるので、時間に余裕を持って行動しましょう。

実は星ヶ城側には、県道29号線から入れる駐車場があります。

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

ここから杉の木林を通って星ヶ城に行くことも出来ます。坂道が少なく、時間も歩く距離もショートカットできます。

寒霞渓 三笠山から星ヶ城ハイキング

注意点として。
必ず運動靴で、長袖長ズボンの装備を準備しましょう。木陰が多く、肌寒い時がありますので、夏でも薄手の羽織れる上着を持っていくのがオススメです。
また、雨の日は落ち葉や勾配で足を滑らせる恐れもあるので、状況をみながら無理のないようにしてくださいね!

女性・子供連れの家族などへのオススメポイント

・散策で運動不足解消
・防空壕や神社等いろいろあるので、歴史の勉強にもなります
・海と山と空。一番大自然を感じることができるスポットです。

 

 

 

 

 

 

小豆島へのアクセス

兵庫からアクセス


>>詳細はこちら

岡山からアクセス


>>詳細はこちら

大阪からアクセス


>>詳細はこちら

小豆島の観光ならお任せ!情報たっぷり小豆島観光情報

わくわく小豆島