文字の大きさ

小豆島の観光ならお任せ!情報たっぷり小豆島観光情報

わくわく小豆島

2017.03.14

奥之院笠ヶ瀧寺

小豆島八十八箇所霊場 七十二番札所である「奥之院 笠ヶ瀧寺」

観光

住所:小豆郡土庄町笠滝乙56[map
電話番号:0879-62-1017
参拝時間:8:00〜14:00
駐車場:無料

奥之院笠ヶ瀧寺

四国八十八箇所霊場がありますが、小豆島版があります。「小豆島八十八箇所霊場」です。その七十二番札所である「奥之院 笠ヶ瀧寺」では不動明王を本尊として祀っています。
実はこちら、体力、精神力が試される場所です。

県道26号線から向かうのですが、道案内の看板が随所にあるので分かりやすいです。

道中、目的地付近の景色を眺めていると発見しました!
なんかスゴイところにある!!

奥之院笠ヶ瀧寺

長い石段を登って参拝することが出来ますが、体力温存のために(笑)車で行けるところまで向かいます。
山道をくねくね。対向車が来ると少し不安になりますが、駐車場まで辿り着きました。

軽装に運動靴。
準備を整えて向かうと、登山やトレッキングの服装の方がみえました。
「準備不足かな?」と心配になりましたが、どちらかというと両手が使えるように荷物は少な目+軽装&運動靴の方がおすすめです。

ほぼ崖にちかい絶壁が目の前に現れました。鎖づたいに登っていくみたいです。
ほとんどの人がそうだと思いますが、普段なかなか岩場を登る機会がないので緊張。大丈夫かな。

登り口にある鐘を突くことで、本尊様へのご挨拶になります。(帰り道は功徳が無くなるので突いてはいけません)
挨拶を済ませて、登りだす。
ん?見た目ほど大変じゃない??
むしろ…楽しい!気分はボルダリング!
鎖で体を支えるつつ登るので体力は必要です。息も上がりますが、慎重に足場を選びながらゆっくり進んで大丈夫、安心して下さい。
体力があって要領を掴んだ方は、アスレチックのように楽めると思います。

登りきった先に、再度絶壁が現れます。がんばりましょう!

途中の休憩所では可愛らしい先客を発見!

奥之院笠ヶ瀧寺

ついに本殿が見えました!道中見えていた部分ですね。

奥之院笠ヶ瀧寺

登った先には洞窟が…
ここから先は写真撮影禁止です。

奥之院笠ヶ瀧寺

洞窟の中はひんやりして涼しいです。
中には「幸せくぐり」と呼ばれる六角形の穴があります。
くぐると幸せになれたり願い事が叶うそう。
女子ならやるしかないでしょう!
※くぐる方向が決まってますのでご注意下さい!

途中で詰まったらどうしよう…恐怖がよぎります。
狭所恐怖症の人は進むのが怖いかもしれません汗
なんとか意地でくぐれました!(写真がありませんが信じて下さい)
女性でも肩幅が広かったり、体格が良いと少しつっかえそうな印象。
小柄または細身な女性だったら全然心配ないと思いますが、くぐれなかった時に微妙な空気になると思うので^^;チャレンジは慎重に!

くぐれたことに高揚感を覚えつつ、洞窟を進むとすぐに本殿に辿り着きます。
薄暗い本殿から見える外の景色は「絶景」。
豊かな緑と空…中山の千枚田も見えます。
武骨な色合いの険しい崖を登って、薄暗い洞窟を抜けてきたこともあり、なおさら鮮やかで美しい風景が網膜に焼付くようです。
住宅の見た目は変わりましたが、昔もこれからもそう変わらないであろう風景。
本殿がこの場所でないといけない訳が分かった気がします。

本殿からの写真ではありませんが、同じく美しい風景です。

奥之院笠ヶ瀧寺

達成感と心地よい疲労を感じながら戻ります。
駐車場から登って参拝して戻ってくるのに約40分かかりました。

掲載出来ない箇所が多くて残念です。
是非ご自身の目で確かめて下さい♪
角田光代原作の映画「八日目の蝉」にも登場した場所ですので、ファンの方も必ずチェックです!

女性・子供連れの家族などへのオススメポイント

・「幸せくぐり」は是非ともチャレンジ!願いを叶えよう
・岩場を登る貴重な体験ができます
・運動不足解消

 

 

 

 

 

 

小豆島へのアクセス

兵庫からアクセス


>>詳細はこちら

岡山からアクセス


>>詳細はこちら

大阪からアクセス


>>詳細はこちら

小豆島の観光ならお任せ!情報たっぷり小豆島観光情報

わくわく小豆島