文字の大きさ

小豆島の観光ならお任せ!情報たっぷり小豆島観光情報

わくわく小豆島

2017.03.14

小野釣具店

魚拓が所狭しと飾られている店内

スポーツ

住所:香川県小豆郡小豆島町池田1431−4[map
電話番号:0879-75-1370
営業時間:
定休日:月曜日

小野釣具店

今ではなかなか見ることのできないサイズの魚拓が所狭しと飾られている店内。
看板娘のダックスフンド モモちゃんがお出迎えしてくれました。人懐っこいです^^

こちらの釣り具屋さんでは、観光客向けに竿のレンタルもされています。
初めに1000円を支払い、返却時に500円が返ってきます。
実質500円で1日遊べます。
釣り道具を持っていないけどちょっと釣りしたい、という初心者さんでも安心。
30年近く小豆島の海と向き合ってきたご主人が、使い方や近くの釣り場も教えてくれます。

釣具店なのですが、実はこちらのお母さん。小豆島の山野草にかなり詳しい。
※山野草(さんやそう)「山野草または山草(さんそう)とは、国内外の平地から高山に至る野外に自生する観賞価値のある草本、低木及び小低木の一部を含む幅広い意味を持つ」そして「日本国内における近代的な山野草栽培の歴史は100年程度と浅いこともあり、未だに明確な定義が確立されていない。」とwikipediaにありました。

定休日の月曜日を使って、ご夫婦(旦那さんは主にドライバーだそうです笑)で寒霞渓を中心に観察し続けてきました。なんと15年間。
小野さんのような方の活動のおかげで、現在進行形で歴史が作られている分野なのでしょう。とっても興味深いですね。

始まりはお知り合いから景色の撮影方法を教わり、香川県の香川県植物検疫協会の方と話をするようになり、今では島内に生息する23種類あるスミレの調査協力、情報交換や提供依頼のお話があるまでの専門家です。まさか釣具屋さんでそのようなお話が聞けるとは思いませんでした!

時期・種類別にまとめあげた集大成ファイルを愛おしそうに眺め、「これも見る??」「これもおもしろいかたちやろ」と楽しくお話してくださる姿が可愛らしくてとても印象的でした♪

小野釣具店

イノシシが球根を食べてしまうため、見られなくなった山野草もあるようですが、貴重な山野草のお話を聞くことが出来ます。
8月に見られる山野草について、こちらにまとめました。(ご協力いただき本当にありがとうございます!)

 

 

 

 

 

 



小豆島へのアクセス

兵庫からアクセス


>>詳細はこちら

岡山からアクセス


>>詳細はこちら

大阪からアクセス


>>詳細はこちら

小豆島の観光ならお任せ!情報たっぷり小豆島観光情報

わくわく小豆島