文字の大きさ

小豆島の観光ならお任せ!情報たっぷり小豆島観光情報

わくわく小豆島

2018.01.19

試験日迫る!注目の香川ご当地検定「オリーブマイスター検定」

最近よく見かけるようになったご当地検定を小豆島でも行っています。
小豆島オリーブ検定と呼ばれる検定は、どんな感じなのでしょうか。

試験日発表!オリーブマイスター検定とは?

様々な観光地や、都市でご当地検定というものが人気を集めています。
ご当地検定とは、その土地についての理解を深め、その土地を好きになってもらうという目的でしばしば行われています。
小豆島でも、毎年ご当地検定が開催されています。
その名も、オリーブマイスター検定。
小豆島オリーブ検定とも呼ばれるこのご当地検定は、小豆島の特産品であるオリーブにまつわる様々な問題が出題されます。
オリーブの歴史、とりわけ小豆島に関連のあるオリーブの事柄であったり、オリーブの品種や栽培方法であったりと、オリーブの分野であれば、子細は多岐に及びます。
小豆島オリーブ検定には、ビギナー検定とマイスター検定の2種類があります。
マイスター検定では、筆記試験だけでなく、テイスティングの検定もあります。
難度は非常に高くなりますが、とても興味深い検定ですので、一度受けてみるのはいかがですか。
オリーブ博士になることのできる小豆島オリーブ検定は、小豆島と東京の2か所で開催されます。
これまで開催された小豆島オリーブ検定の過去問題も、公式サイトにアップロードされているので、過去の問題をひとつひとつ調べてみて実際に解き、練習してみるのはいかがですか。

過去問いろいろ紹介。四択筆記試験とテイスティングで60分。

様々な検定でも言えることですが、どんな問題が出るのかをあらかじめ知っていれば、優位に検定を進めていくことができます。
では、小豆島オリーブ検定、オリーブマイスター検定では過去、どのような問題が出されてきたのでしょうか。
まず、よく見かけるのが日本とオリーブとの関係です。
日本で最初にオリーブが植えられたのは、横須賀と伝えられています。
そのオリーブの実は一体どこから輸入されてきたのかといった内容です。
さらに、オリーブオイルとして、日本で初めて採油が行われたのがいつかなど、オリーブに関する長い歴史を思い起こさせる問題もあります。
さらに、小豆島のオリーブ栽培に関連した人物に関する問題も出題されます。
オリーブの増やし方が、一般的に緑枝挿しで統一されていますが、この技術を確立した人はだれかといった感じです。
問題はすべて四択で作られています。
関連する情報を把握しておけば、いわばヒントがある状態で問題を解くことができるので、積極的にマイスターを狙っていきましょう。
試験で一番難しいのはテイスティングです。
様々なオリーブオイルの中からその品種を当てるのは至難の技です。
よく味わって、舌で転がしながらどの品種かを当てるように頑張りましょう。

小豆島が誇るご当地検定!魅力あふれる島をもっと好きになります。

小豆島オリーブ検定は、小豆島のオリーブ課という、とってもユニークな課が行っています。
香川県を代表するご当地検定、小豆島オリーブ検定は、小豆島が誇るマイスターを排出しています。
小豆島の特産品、観光のかなめであるオリーブについての知識を深めることができるだけでなく、日本とオリーブに関する歴史についても知ることができるのです。
さらに、小豆島で栽培されているオリーブの質や、生産されているオリーブオイルの質の高さに驚かされることでしょう。
普段は触れることの少ない、非常に細かな点についても試験問題に含まれているので、小豆島についてもっと詳しく知ることができます。
観光地の非常に多い小豆島の魅力を再確認することができる小豆島オリーブ検定はぜひ受けてほしいご当地検定です。
小豆島のことをもっと詳しくよく知って、小豆島を好きになってくださいね。
オリーブマイスターに合格した人に、特別なプレゼントも用意されているとか。
オリーブ牛や、小豆島のお土産として人気のある手延べそうめんなどもあります。
景品の獲得も目指して、オリーブマイスターを目指しましょう。
小豆島のことについてもっと詳しく知って、素敵なプレゼントをもらうと、小豆島をもっと好きになれますよ。

オリーブ博士と名乗ることもできるオリーブマイスター。
小豆島や東京で試験が行われるので、ぜひ参加して、素敵なプレゼントを手に入れてくださいね。



小豆島へのアクセス

兵庫からアクセス


>>詳細はこちら

岡山からアクセス


>>詳細はこちら

大阪からアクセス


>>詳細はこちら

小豆島の観光ならお任せ!情報たっぷり小豆島観光情報

わくわく小豆島