文字の大きさ

小豆島の観光ならお任せ!情報たっぷり小豆島観光情報

わくわく小豆島

2018.06.22

小豆島産の果物がいっぱい♪スイーツならミノリジェラート

香川県小豆島は観光でも有名ですが、瀬戸内の美味しい島グルメが満載です。
地域の特産を使ったものや、旬のフルーツを取り入れたスイーツ。
それが今回ご紹介するジェラート屋さん。
種類が常に豊富に揃っていて味や見た目も楽しめます。
季節限定メニューから珍しいものまで、ぜひ観光に訪れた際には食べ比べて自分のお気に入りを見つけてみてはどうでしょうか?

小豆島では果物がたくさんとれる!

小豆島はびわが名産で、ハウスびわの生産をしています。
全国でも出荷量が多い方で、他県が出荷しない時期でも安定して育てています。
他には、温州みかんの出荷も年間を通して行っており、味が良くなるように改良を重ねています。
キウイの香緑、さぬきゴールドはオリジナルの品種でキウイの概念を変えてしまうようなものです。
いちごでは、さぬきひめや女峰という品種があり、温暖な気候が甘さと香りを作っています。
他にも、すももや梅、レモンなど、”日本の地中海”と称される温暖な気候を生かした果物作りがとっても盛んです。

絶対行きたい!ミノリジェラート

ミノリジェラートは、小豆島のフェリー乗り場近くにあるジェラートのお店。
ジェラートの他にもドリンクやパニーノなどのフードメニューも種類が多くとってもおすすめのお店です。
ミノリジェラートの詳細はこちら
ジェラートの種類は、常に10〜15種類あり、季節や仕入れの状況によって毎回変わっています。
代表的なバニラやミルク、その他には小豆島産の果物を使ったものが並んでいます。
いつも同じフレーバーではないので、各季節ごとに訪れたくなるお店です。

ぜひチェックしたい!季節限定のジェラート

ミノリジェラートは、果物の収穫時期によりジェラートのメニューも変わっていきますが、季節限定メニューの一つ、小夏。
産地により、ニューサマーオレンジや日向夏などと呼ばれており、甘味と酸味のバランスがとても良く味わいも深いです。
果肉と皮のあいだの白い薄い皮も一緒に食べることでこの柑橘の風味が楽しめます。
またこの味をジェラートでも味わえるよう製法にも力を入れており、爽やかで他にない魅力に溢れています。
また、5月下旬からは青梅も販売されていますよ。

なんと酒粕から醤油まで⁈

この店には珍しいメニューのジェラートがあります。それはなんと酒粕と醤油。
酒粕のジェラートは、小豆島にある唯一の酒蔵からの酒粕を使用しています。
牛乳と生クリームで作ったベースに酒粕を加えていますが、風味を損ねないよう配合のバランスには注意しています。
食べた瞬間には酒粕のふわっとした香りが口に広がり、ミルクの優しい甘さが後味にくるように作っています。
醤油のジェラートは、特産品の醤油を使っています。
生クリームと牛乳のベースに小豆島 天然醸造こいくち醤油を加えて完成させています。
また上からソルベをかけているので混ぜながら楽しめます。

ジェラートだけでなくパニーノやお酒も楽しめる

ミノリジェラートは、ジェラートなどのスイーツだけでなくパニーノやお酒も頂けます。
パニーノは、イタリアンサンドイッチで、その時によってサンドイッチの中身が変わります。これも香川県産の素材を使って丁寧に作られています。
「香川県産豚バラ肉の自家製リエットとじゃがいものロースト」は、香川産の豚バラ肉を使用し、「自家製スモークサーモンとクリームチーズ」では小豆島のオリーブサーモンを使っています。
また、アルコール入りフレーバーなるものも!
今までに発売されたフレーバーのは、『自家製リモンチェッロ』『梅酒』『キール』『バジル・スプリッツァー』『ホワイトレディ』『ジャックローズ』『カンパリ・グレープフルーツ』『モヒート』『ギムレット』『自家製サングリア』『カシス・オレンジ』。
そしてそれに続いて先月から販売された”ミント・シュレップ”。
アルコール度数はジェラートでありながら4%だそう!
まさに「大人のためのジェラート」♪
ミントとウィスキーの相性バツグンで、暑くなるこれからの季節にピッタリですね。
ちなみにこちらは、蓋がついているので、テイクアウトも可能です。

リストランテ フリュウにも寄ってみよう

リストランテ フリュウは、小豆島の小さな隠れ家のようなレストランです。
リストランテフリュウの詳細はこちら
地元の食材や自家菜園の野菜でこだわりのイタリアンが食せます。
レストランのすぐそばには、自家菜園があり無農薬で野菜やハーブを育てています。
まるで地中海のような美しい風景である小豆島には、オリーブ栽培をしている背景からイタリア料理がよく似合います。
実はこのレストラン、「ミノリジェラート」と深い関係があるんです。
リストランテフリュウのオーナーが2号店としてお店を出したのが、ミノリジェラートなのです。
ですので、こんな美味しいジェラートを作り出している方のレストランもぜひぜひ行ってみてください!
美味しいことはもちろんですが、雰囲気もバツグンですので、カップルやご夫婦にどうぞ。



小豆島へのアクセス

兵庫からアクセス


>>詳細はこちら

岡山からアクセス


>>詳細はこちら

大阪からアクセス


>>詳細はこちら

小豆島の観光ならお任せ!情報たっぷり小豆島観光情報

わくわく小豆島