文字の大きさ

小豆島の観光ならお任せ!情報たっぷり小豆島観光情報

わくわく小豆島

2018.07.27

小豆島の自然の中でキャンプ!オススメのキャンプ場5選

瀬戸内海に浮かぶ豊かな自然に囲まれた小豆島は、日本三大渓谷美の1つ「寒霞渓」や、海の景色など魅力的な景観が楽しめるスポットです。
オリーブをはじめとして多数のグルメもあります。
夏休みには家族でキャンプをして思いっきり自然を満喫してはいかがでしょうか。
アウトドア派の人たちのために、小豆島のオススメのキャンプ場を5つ厳選してご紹介いたします。

オートビレッジYOSHIDA

小豆島の北東に位置している、オートビレッジYOSHIDAは、小豆島の自然を全身で体感できるキャンプ場です。
バーベキューなども敷地内ですることが可能です。
センターハウスには天然温泉がありのんびりと湯船につかれます。
シャンプー、ボディーソープ、ドライヤー完備!
また、トイレやお風呂なども清掃が行き届いており、とても快適に過ごせますよ。
敷地内には川が流れていて川遊びも楽しめます。
少し東に歩くと遠浅の海があり季節によっては潮干狩りも楽しめます。

オートキャンプサイトA
料金:宿泊4,320円、デイキャンプ、2,160円。入場料別途必要。
仕様:車輌横付(1台)、水道、電源(有料)直火不可(共同炊事場を使用)

小豆島ふるさと村キャンプ場

小豆島の比較的中央南部にある小豆島ふるさと村キャンプ場は、施設の充実したキャンプ場で、テントキャンプはもちろんのこと、なんとトレーラーハウスでの宿泊も可能です。
オートキャンプも可能になっています。
また、ここの特徴の一つにチェックインが午後2時、チェックアウトは午前11時とゆったりとすごせるのが嬉しい。
(プランにより少し違いますが。)
レンタル品も豊富に揃っていますので、特別なキャンプ用品を持っていなくてもアウトドア体験が可能です。
夜には満点の星空も楽しめるので、お子様と一緒に星空観察してみるのも良い思い出にありますよ。
日中はふるさと村のマリンアクティビティも充実していますので、飽きることなく過ごせます。
おすすめは家族でいくならカヤック、大人だけならスタンドアップパドルボート。
カヤックは、近くの無人島を目指して小さな冒険!
スタンドアップパドルボートも初心者の方もできるので、この機会にやってみて。
とっても爽快で何度もやりたくなる楽しさです。
他にも、クラフト体験として、今女性に大人気のハーバリウム制作なんかもできますよ。
ふるさと村だけでも一日で遊びつくせないほどの施設の充実さ。
行けば大満足すること間違いなし!

オートキャンプサイトA
料金:6,480円(季節等により、割引料金あり)入場料別途必要。
仕様:1区画約10mx10m。
温水シャワー、水洗トイレ、木製のイス・テーブル、炊飯炉、LPGガスコック付き流し台、AC電源、外灯、駐車場。
※こちらのサイトはテント泊には珍しく、個別のシャワー・トイレ完備です。
初心者の方にも優しい仕様ですね。

小部キャンプ場

小部キャンプ場は、小豆島の北部に位置し、小部海水浴場に隣接していて、まさに夏の家族旅行にぴったりのキャンプ場です。
もちろん、トイレやシャワーも完備されています。
また、バーベキューガーデンや炊事場などもあります。
海水浴場付近まで行けば、売店やレストランも充実しています。
なお、このキャンプ場からは水平線に沈む夕日が観れるのもポイントです。
近くに海の上に架かるつり橋がありますので、そこからキレイな夕日をご覧になってください。

料金:1,500円~。入場料別途必要。

ヘルシービーチオートキャンプリゾート

小豆島の最も西にあるヘルシービーチオートキャンプリゾートは、プライベートビーチを満喫できるキャンプ場です。
一般のテント泊ができるのはもちろんのこと、オートキャンプやトレーラーハウスのレンタルも可能です。
予約すればバーベキューの食材を揃えてくれるので、海辺でのバーベキューも存分に楽しめます。
豊富なキャンプ用機材のレンタルがあるので特別なキャンプ用品を持っていなくてもアウトドア体験が可能です。
また、キャンプ内にあるシャワールームも明るく清潔で、女性の方にも抵抗なくお使い頂けますよ。

ファミリーサイト
料金:5,000~7,000円。(時期により異なる)

田井浜キャンプ場

小豆島の北部に位置している田井浜キャンプ場は、砂浜に面したキャンプ場です。
炊事場や水道、トイレなどはもちろん完備されています。
また、近くに釣りのスポットもありますので、釣れたての新鮮な魚をバーベキューで楽しめます。
このスポットでは時にはワタリガニが取れることもあります。
また、夜にはまるでプラネタリウムのような満点の星空も魅力の一つです。
施設自体は最低限ですが、だからこそキャンプをやる楽しさが倍増。
たくさんの人が賑わっているところが苦手な方にもオススメです。

料金:500円。駐車料金、入場料別途必要。

昼間は観光地に行って、夜はキャンプ。
自然豊かでありながら、観光地としても有名な小豆島だからこそできます!
アウトドアも旅行もダブルで楽しめる、小豆島へ是非いらしてくださいね。



小豆島へのアクセス

兵庫からアクセス


>>詳細はこちら

岡山からアクセス


>>詳細はこちら

大阪からアクセス


>>詳細はこちら

小豆島の観光ならお任せ!情報たっぷり小豆島観光情報

わくわく小豆島